Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

修士課程の「セオリーベース」って何?

イギリスの大学院の専攻を選ぶとき、

「セオリーベースって何?」って思う人は、

少なからずいると思います。

 

私は紛れもなくその中の一人で、

ま、なんか文献たくさん読むんでしょ、

とざっくり解釈してたのですが、

コースが始まって、ようやくその意味がわかりました。

 

セオリーと言うと、

なんだか相対性理論とか、バタフライ効果とか、

(私は)そういう実践的で具体的なものを思い浮かべるのですが、

そういう方法論や科学的法則だけではなく、

人文学系のアカデミックの世界では、哲学者が考えた理論や学説のことを指します。

(当たり前なのかな、これ…。でも、私は知らなかった!)

具体的には、ミシェル・フーコーの「ディスコース」やら

フェルディナン・ド・ソシュールの「シニフィアン」「シニフィエ」みたいな概念です。

 

こういうセオリーを使って個別具体的な事例を分析する、

というのが、この国のセオリーベースな人文学系の学問のやり方みたいです。

 

いやー、フーコーとか、ボードリヤールとか、メルロ・ポンティとか、

哲学科の人がやるやつだと思ってた。

それだけで研究対象になりうるというか、

道具みたいに「使う」もんだって知らなかった。

 

ただ、学問の仕方がちゃんと確立されている、という点では、

留学生にとっては、ありがたい。

とにかく、セオリーをアプライするんだろ!と。

日本みたいに明文化されてなかったら、やりづらいだろうなあと。

 

っていうか、日本で学士課程をやってたときも

(こちらでいうころのセオリーベースな)文学部だったのですが、

私が学部時代に卒論を書いたときは「セオリー(理論・学説)」よりも、

「先行研究」という言葉をよく聞いたし、使ってました。

先行研究を参考にしながら、事象を分析していく、という感じ。

結局やっていることは、大きくは変わらないのだけど、

「セオリー」と「先行研究」ってやっぱり受ける印象が全然ちがう。

「アプライ」と「参考」も全然ちがう。

 

脱線しましたが、

とにかくこのセオリーベースってやつが、

同じマーケティングをやるにも、

ビジネススクールとの大きな違いだと思います。

 

きっと、多くの人にとって、ベーシックすぎる知識だと思うのですが、

誤ったコース選択をしないためにも、

「セオリーベース」という言葉には気をつけたほうがよいです。本当に。