Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Fotografiska museet, Men That Fall

FotograsfiskaのThe Autumn Salonより。

 

Geska & Robert Brečević / Performing Pictures, Men That Fall

f:id:snaka011:20161031040831j:plain

http://fotografiska.eu/en/utstallningar/utstallning/hostsalongen-2016/

男性が頭から後ろに倒れるイメージを取り続けるシリーズ。

キャプションには、

男性の完璧に硬直した背中と、反抗的に睨みつけるような視線が、柔軟な姿勢や適応力を求める現代社会に対して「NO」と言っているように見える、とありました。

ふむ。

さらに、フェミニストのSudan FaludiのStiffed (2002)で展開される、男性性に対する典型的な考え方に対する考察がアイディアのベースにある、とも。

Faludiはアメリカ人のジャーナリストとして、アメリカ人男性の典型的な「あるべき姿」と「現実」のギャップを分析しています。

彼女のアイディアを非常に大雑把に書くと、社会の権力のほとんどは男性が握っているのにもかかわらず、個々の男性は実はほとんど力なんてもっていない。強くあるように、家族を養うように、と育てられる一方で、実際に大人になると、仕事もない、妻に見捨てられる、なんてことも起こる。

つまり、社会の変化は、男性にも女性にも平等に起こっており、階級の格差は個人の努力で解決できるレベルの問題ではない。

いや、大変だよね。倒れたくもなっちゃうよね。

 

彼らのポートフォリオもありました。

http://www.performingpictures.se/sites/default/files/pp_portfolio_160717_0.pdf