Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

クロアチア旅行:ドゥブロヴニク(食べ物と景色以外の話)

たぶん美しい街並みと、美味しいシーフードに関しては

すでに情報がたくさんあると思うので、

ドゥブロヴニクのあまり語られない部分を。

 

Old Townの真ん中に、ひっそりある写真美術館。

www.warphotoltd.com

恥ずかしいくらいスラブ民族の歴史に無知だったから、衝撃。

たった20年前のドゥブロヴニクの写真、え、燃えてる、ってゆうかめっちゃ戦争してる。

 

2003年まで存在した、スラブ民族の国・ユーゴスラビア。

クロアチアは1991年にユーゴスラビアから独立を宣言したものの、

それに反対するセルビアとのあいだで紛争が勃発。

1992年に独立宣言をしたボスニア・ヘルツェゴビナの紛争や、

続くコソボ紛争も絡まって、クロアチア紛争は1995年まで泥沼化します。

ユーゴスラビアとは何だったのか - NAVER まとめ

 

カフェで隣に座ってた現地の方によると、

ユーゴスラビアは非スラブの国にすっぽり囲まれた、

スラブの6つの国々が民族自決の波に乗ってできたそう。

チトーが強いリーダーシップで各州を束ねている間はよかったものの、

チトー亡き後、結束が緩まります。

さらに、ユーゴスラビアでは選挙は各州ごとに実施されていたが、

その際、政治家は各州の愛国心を煽るような活動を展開し、独立機運が上昇。

また1989年のベルリンの壁崩壊や、国内の宗教的対立もあいまって、

各州の独立運動が活発化したとのこと。

そして、先述のような紛争が勃発。

 

その方のお話で特に印象に残ったのは、凄惨な紛争の帰結。

多くの犠牲を払って、独立を掴み取ったのにも関わらず、

EUに加入すれば、結局またひとつの共同体になってしまうという事実です。

クロアチアは2013年に加盟しており、

少なくとも旧ユーゴスラビアのスロベニアとはまた同じ共同体の一員です。

 

同じ国になるのと、独立した国として同じEUの一員でいるのとは全く違うと思うけど、

なんとも皮肉な話だなあと思いました。

クロアチア旅行:ザグレブ(2)

ザグレブへは、失恋博物館のために来たようなもの。

Museum of Broken Relationships

brokenships.com

正しい片想い、お付き合い、結婚、失恋ばかりじゃなくて、

(価値観によっては)インモラルかもしれない恋愛もみんな展示してあってすごくよかった。

 

博物館に併設されたカフェにいた男性(館長?)は、

「どの想い出の品が一番印象に残っていますか?」という質問に、

「その日の気分で、グッとくる物が変わるんだ。」と答えていて、

それも、すっごくいいなぁと思った。

 

永遠の愛はロマンティックだけれど、

つねに揺れ動いて変わっていくのが、恋愛のリアルな気がして。

それは大変しんどいけれど、

博物館に展示したくなるほど愛おしくて、

世界のどこかから来た赤の他人が見ても心動かされるような物語だと

この博物館は証明している気がした。

 

カフェのWi-Fiのパスワードも洒落てた。

f:id:snaka011:20170521064021j:plain

クロアチア旅行:ザグレブ(1)

クロアチアの首都、ザグレブ。

2017年3月に改装したばかりというフラニョ・トゥジマン空港は、中も外もピカピカ。

天井が高くて抜けが良くて中にいても気持ちいいし、

外から見ても波打つ天井はかっこいいです。

特に何があるわけでもないけど、無機質ですごく好き。

 

5月後半のザグレブは半袖で大丈夫。

なんでジーンズと暗い色のTシャツしか持ってこなかったんだろう、と後悔しました。

ショートパンツとか、ワンピースとか、明るい色のトップスとか着たかった!

日差しがまぶしいので、サングラスはあった方がいいかも。

 

空港から街までは下記のサイトを参考にしつつ、私はUberを使いました。

街の中心までは90.00HRK程度(約30分)です。

空港の周りにはけっこうUberがいたので、すぐに拾ってもらえました。

www.crotabi.com

 

ザグレブの街はトラムがバンバン走っていますが、

街自体がとても小さいので、特に乗る必要はなかったです。

トラムの青い車体も好きだったなあ。

 

クロアチアでの携帯はこのSIMカードは、

Hrvatski Telekomというキャリアで買いました。

Unlimited internet in Croatia for only 11€ | Croatian Telecom

このプランは85.00HRKで7日間インターネット使い放題です。

街の中心の広場のまわりにショップがありました。

iPhoneのAPNは、下記の通りです。

MOBILE DATA

 APN: internet.ht.hr

 Username:(空欄)

 Password:(空欄)

PERSONAL HOTSPOT

 APN: mms.htgprs

 Username:(空欄)

 Password:(空欄)

Novellix、めっちゃかわいい

ストックホルムの本屋で見つけた、本のシリーズ。

Novellixっていう会社の名前?シリーズの名前?

webでもスウェーデン語でしか説明が見つかりませんでした。

一冊、一冊はぺらぺらで薄くて(母国語なら)きっとすぐ読めそう。

いやー、かわいい!

f:id:snaka011:20161031172709j:plain

f:id:snaka011:20161031172715j:plain

https://novellix.se

Fotografiska museet, Men That Fall

FotograsfiskaのThe Autumn Salonより。

 

Geska & Robert Brečević / Performing Pictures, Men That Fall

f:id:snaka011:20161031040831j:plain

http://fotografiska.eu/en/utstallningar/utstallning/hostsalongen-2016/

男性が頭から後ろに倒れるイメージを取り続けるシリーズ。

キャプションには、

男性の完璧に硬直した背中と、反抗的に睨みつけるような視線が、柔軟な姿勢や適応力を求める現代社会に対して「NO」と言っているように見える、とありました。

ふむ。

さらに、フェミニストのSudan FaludiのStiffed (2002)で展開される、男性性に対する典型的な考え方に対する考察がアイディアのベースにある、とも。

Faludiはアメリカ人のジャーナリストとして、アメリカ人男性の典型的な「あるべき姿」と「現実」のギャップを分析しています。

彼女のアイディアを非常に大雑把に書くと、社会の権力のほとんどは男性が握っているのにもかかわらず、個々の男性は実はほとんど力なんてもっていない。強くあるように、家族を養うように、と育てられる一方で、実際に大人になると、仕事もない、妻に見捨てられる、なんてことも起こる。

つまり、社会の変化は、男性にも女性にも平等に起こっており、階級の格差は個人の努力で解決できるレベルの問題ではない。

いや、大変だよね。倒れたくもなっちゃうよね。

 

彼らのポートフォリオもありました。

http://www.performingpictures.se/sites/default/files/pp_portfolio_160717_0.pdf

そうか、そういうトランプ支持もあるのか

アメリカ大統領選挙が近づいていますね。

テレビも見ない、友達もあんまりいない私でさえ、

ドナルド・トランプの名前を聞かない日はありません。

 

同じクラスにアメリカ人の女の子がいるので、

(はじめて有権者と喋った!)

いろいろと話を聞いてみると、

「ぜんぜんトランプが大統領になる可能性あるじゃん!」と

思ったので、唖然としてしまいました。

 

彼女自身はヒラリーに投票するみたいなのですが、家族はトランプ支持だそうです。

 

その理由は、トランプが女性が中絶する権利を否定しているから。

というのも、彼女の家族が信仰してる宗教では、中絶を認めていないそうです。

 

彼女はメキシコにルーツを持つラティーノの一家らしいのですが、

トランプがあれだけ「壁作れ!」とか「バッジつけろ!」とか言っても

まずは中絶!らしいのです。

 

そうか、いろんな判断基準があるんだなあ、と。

 またひとつ、世界の解釈の可能性が増えたなあ、と。

Fotografiska museet, The Chosen Ones

Daniel Wahlberg, The Chosen Ones (2016)

f:id:snaka011:20161031034808j:plain

http://fotografiska.eu/en/utstallningar/utstallning/hostsalongen-2016/

まさか、ストックホルムのこんなお洒落な美術館で奈良の鹿を見るとは!

もう誰かに言いたくて仕方なかった。

 

「ここ、私の、実家!!」

 

タイトルは「選ばれし者たち」くらいの意味でしょうか?

このダニエルさんという人は、

人間と動物の関係に興味を持っているそうで、

特に「神聖」な動物と、それらがどのように人間との関係の中で生きているか、をテーマに制作しているそうです。

人間によって勝手に「神聖」と決められて、

なんだか特別扱いされている「神聖」な動物たち。

とはいえ、完全に崇められているだけかといえば、そういうわけでもなく、

なんとなく都合よく利用されていたり。

しかも、その関係も永遠に続くとは限らない。

bonden.tumblr.com

そんな探求シリーズの第一弾に選ばれたのが、奈良の鹿だそうです。

たしかに街の真ん中に、何百年も住み続ける生き物って、よく考えたら不思議ですよね。

大事にしてるけど、まあ、食べたりするし。